プレスリリース

2022.05.24 プレスリリース

九州旅客鉄道株式会社、経営管理クラウドサービス「DIGGLE」の全社導入で、財源の見える化を目指す

DIGGLE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山本清貴)は、安全・安心なモビリティサービスを軸に、地域の特性を活かしたまちづくりを通じて九州の持続的な発展に貢献する九州旅客鉄道株式会社に、経営管理クラウドサービス「DIGGLE(ディグル)」を導入いただきました。導入を通じて、予算策定・予実突合・見込管理・レポートといった経営管理業務全体の最適化を実現し、九州旅客鉄道株式会社の全社で共通した予実管理体制の構築と財源の見える化を支援してまいります。

 

 

■「DIGGLE」導入の背景
導入前は、「リアルタイムでの財源把握に課題意識があり、もっとリソースを有効活用したい」との課題感をお持ちでした。具体的には、以下を実現したいと考えておられました。
・勘定科目よりも細かい粒度で全社的に予実管理を行いたい
・部署ごとの予算と実績が、最小単位では部署独自のフォーマットで管理されているため、全社共通のデータベースで確認できるようにしたい

 

■期待する効果
導入によって、「全社で共通した予実管理体制を構築し、財源の見える化」の実現を目指してまいります。具体的には、以下の効果が期待されております。
・全社共通フォーマットでの予実管理の実現
・予実ギャップの可視化と再配分をクイックに行える体制構築
・集計効率化の実現と、分析・改善サイクルの高速化
・より精緻な単位、かつタイムリーな予実管理の実現

 

■「DIGGLE」に対する評価
導入にあたっては、以下の特徴を評価いただき、選定いただきました。
・UIが優れており、予算や見込を入れる画面やレポート画面が見やすい
・ワンストップで完結し、予算作成・見込管理・予実突合・レポーティングを行えるため、予算管理に必要な機能が漏れなく揃っている
・勘定科目より細かい単位で予算・実績の突合と見込管理ができる
・シンプルなプロダクトで、現体制を大きく変えることなくシステム導入できた
・予算・実績だけでなく、将来情報である「見込」をクイックかつ、細かく管理できる

 

■九州旅客鉄道株式会社概要
会社名:九州旅客鉄道株式会社
所在地:福岡市博多区博多駅前3丁目25番21号
代表者:古宮 洋二
設立日:1987年4月1日

 

■経営管理クラウドサービス「DIGGLE」について
「DIGGLE」は、業績の着地予測精度を向上させる経営管理クラウドサービスです。予算策定・予実突合・見込管理・レポートといった、経営管理業務全体を「DIGGLE」上で一気通貫で行うことで、予実ギャップに対するアクションの早期化と経営層や事業部とのコミュニケーションの円滑化を実現します。

 

■DIGGLE株式会社について
DIGGLE株式会社は、「経営の意思決定サイクルを速くする」ビジネスの実現を目指し、予実管理クラウドサービス「DIGGLE」の開発・提供を行っています。最新のテクノロジーを活用し、予実管理業務を誰でもスムーズに行えるサービスの提供を通じて、素早く透明性の高い社内情報流通を可能にし、スピーディーな意思決定の実現を支援してまいります。

 

【会社概要】
会社名:DIGGLE株式会社
所在地:東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟22階 SPROUND
代表者:代表取締役 山本 清貴
設立日:2016年6月9日
事業内容:予実管理クラウドサービス「DIGGLE」の開発・提供
URL:https://diggle.jp/

プレスリリース 一覧へ戻る