予実管理をもっとスマートに

属人的なエクセル業務をなくし、
経営報告をより早くより正確に。

このようなお困りごとは
ありませんか?

  • 属人化した予実管理エクセル/スプレッドシートの運用が限界
  • 事業部を巻き込んだ予実管理ができていない
  • 予実ギャップの原因特定と分析に工数がかかっている

DIGGLEの特長

予算/実績データの
突合・集計・蓄積を省力化

予算エクセルと総勘定元帳の突合を自動化。毎月のエクセル作業の時間を本来やるべき要因分析、アクションプラン策定業務に転換。

予実突合

事業部の予算消化状況を可視化

正確な予測に基づいた経営判断を行うために、事業部を巻き込んだ予実管理を実現。事業部から予算の消化状況と見込みを直感的なUIで定期報告。

見込み

予算・着地差異の要因を
瞬時に把握

各事業部から吸い上げた見込み数値を自動集計し、あらゆる角度から差異要因を分析・特定。予実ギャップに対するアクションの早期化を実現。

分析

サービスについて
詳しく知りたい方はこちら

よくある質問

初期設定(予実突合ができる状態)までにどれくらいの時間がかかりますか?

設定内容や保有しているデータの状態にもよりますが、1.5〜2ヶ月で見たい科目粒度/PL単位での予実管理を運用する準備が完了します。その際には、初期導入プログラムにて専任のカスタマーサクセス担当がデータ取り込み設計やデータインポート等の設定代行を行い、初期セットアップを支援します。

料金プランについて教えてください。

会社規模や発行ID数をもとにお見積りいたします。”想定するご利用人数”や”解決したい課題”等をお伝えいただければ、最適なプランをご提案させていただきます。お見積もりフォームはこちら

会計ソフトとの連携はしていますか?

財務会計データ(総勘定元帳)をダウンロードできれば、基本的にはどの会計ソフトとの連携は可能です。初期設定にて、DIGGLEに総勘定元帳のファイルをアップロードするのみで予算データと自動突合されるように設定しますので、月次の予実突合の大幅な工数削減が期待できます。