ユーザベース元CFO村上氏が語る「予実管理体制立ち上げのポイント」

ユーザベース元CFOの村上氏をお迎えし、予実管理体制やコーポレート部門の構築におけるポイントをご自身の経験から語っていただくセミナーを開催します。過去にも開催し、大変ご好評いただいたセミナーになります。今回は質疑応答の時間を多くとりましたので、公認会計士であり実務のご経験も豊富な村上氏に直接気になることを質問することが可能です。予算策定の勘所や、組織体制についてここでしか聞けない内容となっておりますので、ぜひご参加ください。

セミナーに申込む

プログラム

11:00セミナー開催のご挨拶
11:00〜11:30第一部:予算策定と体制構築
【講師】株式会社somebuddy 村上 未来氏 (元株式会社ユーザベース CFO)
予実管理体制やコーポレート部門立ち上げのポイントについてご紹介します。
・利益計画(予算)の策定
・IPO前後で変わったこと
・着地見込みの精度を上げるために工夫したこと 等
11:30〜11:50第二部:予実管理の重要性と実践例
【講師】DIGGLE株式会社 代表取締役 山本清貴

・予実管理の重要性
・財務会計と管理会計における予実管理の違い
・上場企業/上場準備企業の予実管理の実例 等
11:50〜12:15質疑応答
12:15閉会

開催概要

開催日時2021年11月17日(水)11:00〜12:15
会場オンライン開催
お申込者には開催日午前中までに別途ご参加用URLをお送りします。
参加費無料
注意事項Zoomによるオンライン開催となります。
プログラムは予告なく変更となる場合があります。
イベントの様子を録画させていただきます。

講師プロフィール

株式会社somebuddy 村上 未来氏 (元株式会社ユーザベース CFO)
2000年 中央青山監査法人(現あらた監査法人)に入所し、監査実務に従事した後、UBS証券投資銀行本部においてM&A及び財務戦略アドバイザー業務に従事。その後、KPMGヘルスケアジャパン株式会社において、病院や介護セクターのプレイヤーを対象としたM&Aアドバイザリー、戦略コンサルティング業務に従事。
2012年 株式会社ユーザベースに参画しCFOとしてコーポレート部門の創設・基盤づくり、IPOや資金調達、Quartz買収に尽力。
2019年 スタートアップ企業を中心にアドバイザリーを手掛ける株式会社somebuddyを設立。共同代表として複数の会社の成長支援を行う。慶應義塾大学商学部卒。
DIGGLE株式会社 代表取締役 山本清貴
早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。国内製造業、大手アウトソーシングベンダーを経て、2002年より11年間にわたって米系ERPベンダーPeopleSoft、Oracle、Inforにて、会計・CRM・SCMなど業務系アプリケーションのセールス、およびアライアンスに従事。 その後、デジタルマーケティングベンチャー業界に転身。バイラルマーケティングのさきがけであるロカリサーチ、動画制作プラットフォームを運営するViibarにてセールスを率いる。 IT業界での提供側の経験とベンチャー企業での利用者側の経験からヒントを得て予算管理サービスDIGGLEを企画立案するに至る。

セミナーお申込フォーム

受付を終了しました。