予実管理オンライン勉強会

11月27日(金)開催 参加費無料

「着地点の予測精度が低い」「予実管理に他部署をうまく巻き込めていない」等の課題をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、メガベンチャーで上場前の経営企画部門の責任者を担当し(その後上場)、現在は複数企業の経営企画部を支援している井上伸也氏をお迎えし、上場企業に必要な予実管理機能と体制をご自身の経験から語っていただく勉強会を開催します。

予実管理オンライン勉強会に申込む

コンテンツ

第一部:予実管理の概念と予算策定
【講師】元メガベンチャー経営企画管掌 井上伸也 氏
経営企画部による予実管理業を網羅的にお話します。
1.予実管理の考え方
2.上場時に求められる予実管理
3.予算に関する年間スケジュールと会議体
4.管理会計
5.経営企画Tips+α
第二部:予実管理クラウドサービス”DIGGLE”の活用事例
【講師】DIGGLE株式会社 代表取締役 山本清貴
DIGGLEを導入された企業の事例を通して機能と効果をご紹介します。
1.予実管理業務の仕組み化事例
2.管理会計科目の作り方事例
3.経営報告レポートの作成例
質疑応答
予実管理相談会(登壇者・参加者で予実管理について討論します。)※希望者のみ

開催概要

開催日時 2020/10/29(木) 15:00〜16:30 開場:14:45〜 【満員御礼】
2020/11/27(金) 15:00〜16:30 開場:14:45〜
会場 オンライン開催
お申込者には開催日午前中までに別途ご参加用URLをお送りします。
参加対象 ・上場企業/上場準備中の企業の経営企画・財務経理部門のご責任者・担当者の方
・経営企画/財務経理部門の予算管理業務のご責任者・担当者の方
このような課題を持った方にお勧めです ・他社が行っている予実管理を知りたい
・着地点予測の精度が悪い
・事業部を巻き込んだ予実管理体制ができない
・エクセル作業に忙殺され、分析に時間が取れない
参加費 無料
注意事項 ・Zoomによるオンライン開催になります。
・自己紹介やセミナー後の相談会等の双方向コミュニケーションを予定しているため、顔出しでのご参加をお願いします。

講師プロフィール

講師写真 井上伸也 氏
新卒入社したリクルートにて広告営業及び新規事業の立ち上げ、2007年6月よりGoogle Japanで広告企画と事業戦略を担当。慶應MBAを経て、2012年5月にスマホアプリのクラウドテストサービスを手掛けるザオリアを創業。自身のスタートアップ清算後は当時経営再建中のミクシィの経営企画へ入社し、経営戦略や事業支援/子会社経営支援、M&A及びCVCを担当。2015年4月にランサーズへ入社し、経営企画を管掌。2017年9月からDMM.comの経営企画や仮想通貨ビジネスの事業部長。現在はフリーランスとして、経営企画の顧問業務からハンズオン等、企業の経営企画を支援。
経営企画の駆け込み寺
DIGGLE株式会社 代表取締役 山本清貴
早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。国内製造業、大手アウトソーシングベンダーを経て、2002年より11年間にわたって米系ERPベンダーPeopleSoft、Oracle、Inforにて、会計・CRM・SCMなど業務系アプリケーションのセールス、およびアライアンスに従事。 その後、デジタルマーケティングベンチャー業界に転身。バイラルマーケティングのさきがけであるロカリサーチ、動画制作プラットフォームを運営するViibarにてセールスを率いる。 IT業界での提供側の経験とベンチャー企業での利用者側の経験からヒントを得て予算管理サービスDIGGLEを企画立案するに至る。

参加者の声

セミナーお申込フォーム